アフターピルの選び方

a girl is fearing

副作用で選ぶ

アフターピルの話をしながらもアンウォンテッド72を限定的に推しているのは、アンウォンテッド72が非常に優秀な避妊薬だからです。
アフターピルは女性の体に急激な変化をもたらしますので、どうしても副作用が出やすくなります。具体的に言うと、吐き気や頭痛、腹痛などの症状が挙げられます。
これらの副作用は一過性のものですが、服用から間もないタイミングで嘔吐してしまった場合は避妊効果が得られなくなるので、注意しなければなりません。
ではどのように副作用の少ないものを選ぶかという問題ですが、それは服用回数でわかるようになっています。
アフターピルには様々な種類がありますが、服用方法によって「ノルレボ法」と「ヤッペ法」に分けることができます。
ノルレボ法のものに関しては、行為後に一度服用するだけで効果を発揮します。ノルレボ法は比較的新しい避妊方法なので、副作用を感じることはほとんどありません。
それに対してヤッペ法は旧式の方法になります。服用方法は行為後に一錠、その12時間後に一錠の計二錠を服用することになります。ヤッペ法は副作用が出やすく、一時的に激しい吐き気に見舞われる可能性が非常に高いです。
副作用の強さだけでいえばノルレボ法がオススメなのですが、ヤッペ法の方が薬の代金が安いというメリットもあります。副作用をとるか、金額をとるか慎重に考えましょう。

副作用が少なく、値段も安い

私がアンウォンテッド72を利用している理由は、副作用が少なく、金額も安いということです。
アンウォンテッド72はノルレボのジェネリックなので、副作用を感じることはほとんどありません。それでいてジェネリックなので、金額は非常に安くなっています。
まさにいいとこどりのアフターピルなので、初めてのアフタ―ピルはアンウォンテッド72がオススメです。