体に優しい避妊

the colorful drugs

アフタ―ピルとの出会い

私がアフタ―ピルの知ったのは、初めて避妊に失敗した18歳の夜でした。その時はアルバイトもしていなかったのでどうしようもなかったのですが、その夜には「こんな不安な思いをするくらいなら、絶対にアフタ―ピルを買おう」と決心したのを覚えています。それからというもの、私の手元には常にアンウォンテッド72がありましたし、これまで2回ほどアンウォンテッド72を利用したこともあります。
「持っていてよかった」と思うことはあっても、持っていて後悔することは一切ありません。それどころか、今ではもっていないと不安を感じてしまうようになりました。
できればすべての女性に持っておいていただきたいので、このページではアフタ―ピルの効果について紹介します。

タイミングに合わせた避妊

アンウォンテッド72をはじめとするアフターピルは、女性の体の状態に合わせた避妊を行います。
もし避妊を行うのが排卵前の場合は、排卵を遅らせることによって受精卵ができないようにします。避妊を行うのが排卵後だった場合は受精卵ができてしまう可能性があるのですが、アフターピルは子宮内膜をはがしてしまう(生理を起こす)ことによって、受精卵の着床を不可能にします。すなわち、いつ服用しても非常に高い避妊効果が期待できるのです。
さらに、アフターピルは体のホルモンバランスを崩して行う避妊なので、副作用が生じますが、ホルモンバランスさえ元通りになれば、すぐに健康になります。
不妊症につながったり、後遺症が出ることもないので、女性の体に優しい避妊方法だといえるでしょう。